地盤調査を早く終わらせたいなら平板載荷試験がお勧め

作業者

安全な住まいのために

工事現場

メリットと会社の選び方

自分の土地に住居を新たに建築する場合や、建て直しをする場合は地盤調査が必要です。住居を建設する前に、日本では地盤調査をすることが法律で定められています。工事の前に地盤調査をして、地盤の軟弱な土地を改良工事で強固にしておくと自然災害の発生したときでも安全に生活していけます。この地盤調査の方法に平板載荷試験があります。平板載荷試験では、地盤に直接荷重をかけて調査をする方法です。地盤調査を行う方法には、他にもスウェーデン式サウンディング試験、表面波探査法、ボーリング試験等がありますが、直接地盤に荷重をかけられる調査方法は平板載荷試験だけです。家を建てる際に基礎となる深さまで掘削し直接荷重をかけて地耐力を調査する方法なので、土地が実際にどのくらいの力に耐えうるものなのかより精度のある数値を計測することができます。平板載荷試験を依頼する地盤調査会社の選定のポイントは、所有している土地と周囲の環境で会社を選ぶことです。平板載荷試験では、調査で地盤に荷重を加えるのに重機を使用します。このため、ある程度の土地の広さが必要です。ですが、調査会社では狭い土地でも調査ができるノウハウを持ったところがあるので、選定の際は電話などで相談をして、所有している土地に対応しているか尋ねてみるといいでしょう。くわえて、平板載荷試験では重機やトラックが使用し掘削工事を伴うものなので、工事の騒音が周囲に響くことになります。ですので、工事の挨拶や清掃作業などご近所にしっかりと配慮できる業者を選ぶことが大切です。あわせて、調査をスピーディーにしてくれる業者を選びたいものです。