地盤調査を早く終わらせたいなら平板載荷試験がお勧め

作業者

それほど難しくないです

作業者

広さが重要です

平板載荷試験は、地盤の強度を測る試験の一つです。それほど特殊な器具を使うわけでもなく、難しい技量を必要とする事も多くないので、一般的なゼネコンや地元の中小の建設業者でも可能な場合は多いです。ただ、他の地盤調査と異なり、それなりのスペースが必要となるのでできる工事を選ぶ試験でしょう。狭い場所での工事や部分的な工事に平板載荷試験を用いるのは難しいです。一般的には道路工事などで平板載荷試験が使わる事が多いです。もちろん、施工業者が実施する事も多いですが、専門のコンサルタントだと精度が高く、より多くのデータを集めることも可能です。特に地質業者などがそのプロフェッショナルと言えるので、そのような業者に選ぶと問題無いです。あとは金銭面の話なので、あえて地質業者を使ってまでやるか、施工業者がやるかということです。平板載荷試験に広さがそれなりに必要と言うのは、荷重をかける機械が大きいのです。もしかしたら小型の機械もあるかもしれませんが、そこにコストをかけるより、他の事にコストを使う方が建設工事は重要なのです。また、建設会社の職員に道路工事経験数が長い人や技術士、施工管理技士等の資格を持った職員が多いと、段取りも早く理解も早いのでそこはチェックしておくのは重要でしょう。いずれにしても、平板載荷試験のために業者選びを苦労する事は少ないので、余計に心配したり不安にならずに、工事業者を選定する段階でしっかりしてば概ね問題無いです。