地盤調査を早く終わらせたいなら平板載荷試験がお勧め

作業者

地盤の支える力を調査

工事

載荷板で地盤の沈下量測定

平板載荷試験は、地盤に建物を安全に支える力があるかを調査する方法です。具体的には、建物の基礎を設置する深さの地盤表面に、載荷板と呼ばれる基礎に見立てた板を置いて、板に直接荷重をかけて沈下量を測定します。平板載荷試験の一連の流れは、大きく分けて、試験を行う場所決定と整地、平板載荷試験機材の設置、沈下量の測定実施の3つになります。以下に平板載荷試験の流れを細かく説明します。まず、試験を行う場所決定からです。地盤の地質や、建てる建物の種類、大きさから、地盤の代表点を決めます。そして、決めた代表点の整地を行います。測定は、直径30cm程度の剛板でできた載荷板をおけるように、載荷板の中心から1m以上の範囲で実施します。この範囲において、実際に建物の基礎を設置する深さまで土地を掘り下げます。掘り下げた後で、地盤の表面を水平に整地します。次に試験機材の設置です。載荷板を整地した地盤表面に密着するように設置します。このとき、載荷板を水平に設置するよう注意が必要です。載荷板を設置したら、その上に試験機材を設置します。試験機材は、ジャッキと支柱、荷重をかける重機からなります。設置の際には、載荷板に力が均一にかかるようにする必要があります。最後に沈下量の測定です。載荷板にかける荷重を徐々に増やし、設定された荷重に到達した後、およそ5分間隔で沈下量を測定します。30分経過後に荷重を減らしていき、地盤の沈下の復元量を測定します。測定された沈下量と復元量のデータから、地盤の持つ建物を支える力を判定します。