地盤調査を早く終わらせたいなら平板載荷試験がお勧め

作業員

地盤の支える力を調査

地盤の安全性を知るためには平板載荷試験が有効となっています。建物を頑丈にするためには必要不可欠な作業と言えます。具体的にどのような作業内容になっているか把握していきましょう。

安全な住まいのために

平板載荷試験は、住居の基礎となる部分の地耐力を直接荷重をかけて計測できる優れた地盤調査法です。平板載荷試験は重機を用いて調査をするので、土地の面積に対応しているか、周辺に対する気遣いができるかといった点が地盤調査会社を選ぶときのポイントになります。

多くの住宅業者で採用

地盤調査

精度が高いので人気

住宅やビルなどを建設する際に平板載荷試験は重要な調査であり、建築土木に関連する法規において主要な調査方法とされています。地盤の変形や強さなどを特性を評価する調査の中では、比較的短時間で調査が終了して信頼性が高いので、近年注目度が高い地盤調査方法となっています。依頼が多いので、必然的にたくさんの地盤調査会社で平板載荷試験を行うことができます。ただし、業者によっては技術レベルや経験が未熟なところもあるのは事実ですので、依頼する業者の技術レベルを事前に確認しておくことが必要となります。平板載荷試験に要する経費ですが、基本料金と1カ所当たりの調査費用の合計となります。調査個所が多く1日で作業が終わらないときは、作業日数1日あたりの費用も加算になります。これらを合計したものが調査費用となりますが、4個所程度で20万円前後となります。スエーデンサウンディング方式の調査方法では、同じ費用で約2倍の個所数の調査ができます。木造二階程度の住宅を建設するのであれば、スウェーデン式サウンディング方法で十分地盤の状況を確認できるという考えもあります。しかし、浅い部分の点調査であるスウェーデン式サウンディング方法より、面で調査する平板載荷試験の方が正確度が高いとされています。そのため、多くの住宅メーカーでも採用されています。建築後に建物が傾くようなことが発生すると、大変なことになります。平板載荷試験は、安心して建築を行うためにも信頼できる業者選びましょう。

それほど難しくないです

平板載荷試験は地盤の強度を測る試験の一つです。特別難しい試験ではないので、機械をもっている業者なら一般的には出来るでしょう。地質業者の場合は、特にその分野が得意なのでデータ収集や精度を求める場合は使ってみるのも良いでしょう。